ピース又吉直樹が選ぶアメトークで紹介したおすすめの小説13選

出典:natalie.mu

アメトークで大反響だった“読書芸人”。
そこで取り上げられたオススメ本を、ご紹介していきます。
本当に本が好きな人が熟考して選んだものなので、どの本を読んでも間違いないと思います。
是非皆さんも読書のする際、ご参考にされてみてはいかがですか??

スポンサーリンク

「人間小唄」町田 康

41OwSCLa52L._SX353_BO1,204,203,200_

小角が書き送った短歌を自分の文章に無断で引用した作家・糺田両奴。国民の無意識に影響を及ぼして駄目にする奴の文学を根底から破壊する! こちらの世界に拉致してきた糺田に課した難題は、「一、短歌を作る。二、ラーメンと餃子の店を開店し人気店にする。三、暗殺」。それは魂のテロルの始まりだった。(講談社文庫)

電子書籍で読む

Kindle本 ・楽天kobo ・セブンネット ・honto ・ひかりTVブック

通販で購入

Amazon ・楽天 ・セブンネット ・honto
 
 
 

「長嶋少年」ねじめ 正一

51UZty1uSML._SX343_BO1,204,203,200_

時は昭和40年代、長嶋にひたすら憧れた野球少年・ノブオの物語。小学五年生のノブオは、長嶋に心底憧れている、誰もが一目おく野球少年。詩人の父は行方不明、母は子供にも仕事にも無関心、友との別れや理不尽に負った怪我、出生の秘密……。次々と苦難は襲いかかってくるけれど、「長嶋」を心の支えにぜんぶ乗り切るのです! すべての野球少年に捧げる、著者渾身の成長物語。

電子書籍で読む

Kindle本 ・楽天kobo ・セブンネット ・honto ・ひかりTVブック

通販で購入

Amazon ・楽天 ・セブンネット ・honto
 
 
 

「熊野曼陀羅 句集」堀本 裕樹

41h933sEOGL._SX338_BO1,204,203,200_

口移しするごとく野火放たれぬ 沢蟹を追ひ抜き茅の輪くぐりけり 冬鹿の影うつしたる早瀬かな 熊野の自然と風習に親しんだ著者の、20代から37歳までの作品302句を収めた第1句集。

電子書籍で読む

Sorry!見つかり次第載せます。

通販で購入

Amazon ・楽天 ・セブンネット ・honto
 
 
 

「赤頭巾ちゃん気をつけて」庄司 薫

515jkJ0lFZL._SX349_BO1,204,203,200_

学生運動の煽りを受け、東大入試が中止になるという災難に見舞われた日比谷高校三年の薫くん。そのうえ愛犬が死に、幼馴染の由美と絶交し、踏んだり蹴ったりの一日がスタートするが―。真の知性とは何か。戦後民主主義はどこまで到達できるのか。青年の眼で、現代日本に通底する価値観の揺らぎを直視し、今なお斬新な文体による青春小説の最高傑作。

電子書籍で読む

Kindle本 ・楽天kobo ・セブンネット ・ひかりTVブック

通販で購入

Amazon ・楽天 ・セブンネット ・honto
 
 
 

「杳子・妻隠(つまごみ)」古井 由吉

51S69NY7KML._SX330_BO1,204,203,200_

「杳子は深い谷底に一人で座っていた。」神経を病む女子大生 〈杳子) との、山中での異様な出会いに始まる、孤独で斬新な愛の世界……。現代の青春を浮き彫りにする芥川賞受賞作『杳子』。都会に住まう若い夫婦の日常の周辺にひろがる深淵を巧緻な筆に描く『妻隠』。卓抜な感性と濃密な筆致で生の深い感覚に分け入り、現代文学の新地平を切り拓いた著者の代表作二編を収録する。

電子書籍で読む

Sorry!見つかり次第載せます。

通販で購入

Amazon ・楽天 ・セブンネット
 
 
 

「香水 ある人殺しの物語」パトリック・ジュースキント

51UFzjnUNnL._SX343_BO1,204,203,200_

舞台は18世紀のフランス。町は汚穢(おわい)にまみれ、至るところに悪臭が立ちこめていた。そこに、まったく体臭のない男がいた。男にないのは体臭だけでない。恐ろしく鋭い嗅覚と、においへの異様なまでの執着以外に、男には何もなかった。

物語は至高の香りを求めて、めくるめくにおいの饗宴が繰り広げられる。ドアノブのにおい、石のにおい、花の香り、動物のにおい、果ては目立たない人のにおいに至るまで、ありとあらゆるにおいが立ちこめる。登場人物も、究極のにおいの美少女以外は、主人公も含めて恐ろしくグロテスクである。まさしく魑魅魍魎(ちみもうりょう)。裏道、闇、疫病、屠殺、汚濁…にもかかわらず、なぜ本書からは恐ろしく魅惑的な香りが立ちのぼってくるのだろうか。

パリには複雑で洗練された味わいがベースにあるように、生ハムやチーズのすえたようなにおいが鼻を突いても、この町で、人を引きつけてやまない魅力がグロテスクなのかもしれない。ストーリーも舞台も登場人物も、実に巧妙に展開している。一度手にとるとテンポよく、一気に読んでしまう。読者は主人公とともに限りなく奥深い嗅覚の世界をさまよい、陶酔させられることだろう。

電子書籍で読む

Sorry!見つかり次第載せます。

通販で購入

Amazon ・楽天 ・セブンネット ・honto
 

スポンサーリンク

「コインロッカー・ベイビーズ」村上 龍

61r8iIY-5mL._SX348_BO1,204,203,200_

一九七二年夏、キクとハシはコインロッカーで生まれた。母親を探して九州の孤島から消えたハシを追い、東京へとやって来たキクは、鰐のガリバーと暮らすアネモネに出会う。キクは小笠原の深海に眠るダチュラの力で街を破壊し、絶対の解放を希求する。毒薬のようで清清しい衝撃の現代文学の傑作が新装版に。

電子書籍で読む

Sorry!見つかり次第載せます。

通販で購入

Amazon ・楽天 ・セブンネット ・honto
 
 
 

「コルバトントリ」山下 澄人

61mMUtlP3fL._SX345_BO1,204,203,200_

父は入院している。母は車にはねられて死んだ。ぼくはおばさんと暮らしている。ある日少年は父親の見舞いに出掛けた。不良の中学生、子鹿のような女の子、月の番人…やがて子供の姿の父と母に出会う。生者も死者も人間も動物も永遠を往還する―。

電子書籍で読む

Sorry!見つかり次第載せます。

通販で購入

Amazon ・楽天 ・セブンネット ・honto
 
 
 

「庶民烈伝」深沢 七郎

9784122057456

庶民とは、ぶかっこうで食いしん坊、強情であわてもの……周囲を気遣って本音を言わずにいる母親のすがた(『おくま嘘歌』)、美しく滑稽な四姉妹の人生(『お燈明の姉妹』)ほか、烈しくも哀愁漂う庶民のすさまじい生き方を描いた連作短篇集

電子書籍で読む

Kindle本 ・楽天kobo ・セブンネット ・honto ・ひかりTVブック

通販で購入

楽天 ・セブンネット ・honto
 
 
 

「笑うな」筒井 康隆

416D6RHMDZL._SX333_BO1,204,203,200_

タイム・マシンを発明して、直前に起った出来事を眺める「笑うな」など、ユニークな発想とブラックユーモアのショートショート集。

電子書籍で読む

Sorry!見つかり次第載せます。

通販で購入

Amazon ・楽天 ・セブンネット
 
 
 

「月の砂漠をさばさばと」北村 薫

41DDDANV7ZL._SX331_BO1,204,203,200_

9歳のさきちゃんと作家のお母さんは二人暮し。毎日を、とても大事に、楽しく積み重ねています。お母さんはふと思います。いつか大きくなった時、今日のことを思い出すかな―。どんな時もあなたの味方、といってくれる眼差しに見守られてすごす幸福。かつて自分が通った道をすこやかに歩いてくる娘と、共に生きる喜び、切なさ。やさしく美しいイラストで贈る、少女とお母さんの12の物語。

電子書籍で読む

Sorry!見つかり次第載せます。

通販で購入

Amazon ・楽天 ・セブンネット ・honto
 
 
 

「漁港の肉子ちゃん」西 加奈子

51cfIBqg17L._SX329_BO1,204,203,200_

男にだまされた母・肉子ちゃんと一緒に、流れ着いた北の町。肉子ちゃんは漁港の焼肉屋で働いている。太っていて不細工で、明るい―キクりんは、そんなお母さんが最近少し恥ずかしい。ちゃんとした大人なんて一人もいない。それでもみんな生きている。港町に生きる肉子ちゃん母娘と人々の息づかいを活き活きと描き、そっと勇気をくれる傑作。

電子書籍で読む

Sorry!見つかり次第載せます。

通販で購入

Amazon ・楽天 ・セブンネット ・honto
 
 
 

「こちらあみ子」今村 夏子

9784480431820

あみ子は、少し風変わりな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれ兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描き、独自の世界を示した、第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞受賞の異才のデビュー作。書き下ろし短編「チズさん」を収録。

電子書籍で読む

Kindle本 ・セブンネット ・honto ・ひかりTVブック

通販で購入

Amazon ・楽天 ・セブンネット ・honto